Imai Laboratory

理工学部 情報工学科 今井研究室

ようこそ

社会脳と言う言葉があります。社会脳である人の脳は、親や、他の人間とインタラクションしながら学習することで初めて人としての知能を獲得します。人らしい人工知能の実現に向けて今井研究室では単純な知能アルゴリズムの研究ではなく、人と機械の実時間のインタラクションの重要性に着目しインタラクティブAI (Interactive Artificial Intelligent)の研究を行っています。

人とインタラクションする知能機械に関する研究を世界最先端の研究室でしてみませんか?

説明会

メンバーがデモやプレゼンを行う説明会を開催します。

  • 10/31(月) 18:15~ @14-216
  • 11/1 (火) 18:15~ @14-218
  • 11/7 (月) 18:15~ @14-217

アクセス

今井研究室の学生居室は25-412です。
授業の合間にぜひ足を運んでください。
見学はいつでも歓迎です!

今井研 twitter (フォローお願いします!)

メールを送る »


今井研の特徴


最先端の研究分野

学会活動

連携機関・受託研究・研究助成

今井研究室で行っているインタラクティブAIの研究対象は、人工知能?ヒューマンインタフェースを中心とした知能処理?インタラクション技術全般と深く関連しています。研究テーマは、先生と相談しながら決めて行きますので、新規のチャレンジもすることができます。コンピュータを知能化したい、人間の情報処理を解明する研究をしてみたい、ロボットやクァッドコプタで研究してみたい、新しいハードウェアを作ってみたい、海外に行って国際会議発表とか沢山してみたい、世界初の研究をしたい、新しいアイディアを考えられる人になりたい人には打って付けの研究室です。

詳細は研究紹介へ »

研究室での成果は毎年国際学会で発表しており、CHI(ヒューマンコンピュータインタラクションの最難関国際会議)、HRI(ロボットの最難関国際会議)、HAI (今井先生と日本の人工知能研究者が立ち上げた国会会議)などをはじめ、多くの国際会議に採択されています。また、完成した研究成果は学術論文誌に適宜投稿し、成果発表を行っています。詳しくは、以下の業績一覧をご覧ください。

業績一覧(国際学会) » 業績一覧(国内学会) »

国内外の研究機関と連携して、共同研究を行ったり、研究費提供を受けています。ホンダリサーチインスティチュートとATR (知能ロボティクス研究所)では学生のインターンを毎年行っております。研究プロジェクトとしては、科学技術振興機構CREST、新学術領域「認知的インタラクションデザイン学」を中心に大規模予算を獲得しています。

認知的インタラクションデザイン学 »


ロボット

設計・製造技術

強力な設備

京都のロボット研究所ATRで世界で初めて開発されたヒューマノイド「ロボビー」や、その小型版で子犬をモチーフにした「ロボビーMR2」など、多くのロボットを保有しています。これらは学生が自分でプログラムを組んで、研究・実験に使用できます。
また、遠隔で操作できるロボットのDoubleおよび、空中移動できるロボットのAR Droneを駆使して、動くことのできる新しい遠隔コミュニケーション環境の研究もできます。

研究に使えるデザインツールが充実しています。ロボットの動きを作るモーションエディター、プリント基板を制作するPCB CAD、ロボットやハードウェアを設計する3D CAD、レーザーカッターなどのソフトウェアとノウハウが学生の間で共有され、いつでも、なんでも作れる環境が整っています。

今井研は他の研究室にはない資産が数多くあります。高精度3Dプリンタは最近流行している機種の何倍も細かく、頑丈に製造できます。また、ヒューマノイド、ロボットアームなど、個人では扱えないハードウェアも充実しています。また、好きな形でプラスチック部材を削り出すことのできる切削機もあります。人の動きを計測するモーションキャプチャシステムや、視線を計測するアイトラッカーもあります。一台、数百万から一千万円するこうした機材を使って研究することができます。


一人一台

IPA未踏プロジェクト

季節のイベント

必要に応じて、Mac, WindowsのノートPCを一人一台支給します。研究内容に応じて、高機能なデスクトップPC、ネットワークサーバを使用することができます。個人ごとの作業において、リソース不足が問題になることはありません。

今井研からはこれまで2002, 2006, 2009, 2011, 2013年度の計5名の未踏クリエータを排出しています。未踏プロジェクトは「情報処理技術者試験」を実施しているIPA(情報処理推進機構)が募集する若手育成プロジェクトです。

お花見、夏合宿、ハロウィンパーティー、クリスマスパーティ、スキー合宿、ピザパーティ(学内発表後の打ち上げ)、先生お誕生日会、歓送迎会など、季節ごとのイベント・食事会が盛りだくさんです。



年間イベント

11月

研究室説明会

色々な研究室を見てまわると共に、進路について悩む時期だと思います。是非一度今井研に見学にきて下さい!

12月

研究室配属決定

忘年会兼B3歓迎会

ここで研究室全体との初顔合わせです!気合い入れてきて下さい 笑

1月

秋学期定期試験

同時期に先輩たちの卒論・修論発表も行われているので、ぜひ見に行きましょう!

2月

スキー・スノボ合宿

先輩と仲良くなるチャンスなのでB3も積極的に参加してください!

A-sync

毎年この時期には、今井研、山崎研が合同でOB会を行なっています。三、四年毎にA-squareが行われ、更に天野研も含めた大規模で行われます。社会で活躍する先輩たちと交流できる、貴重な機会です。

3月

新人研修

三月になるといよいよ本格始動です!研究に必要な基礎知識を身につけましょう!

4月

新学期スタート

B4は、これまでとは違って研究室主体の生活となります。基本的に今井研究室はコアタイムがありませんが、ミーティングや輪講にあわせて予定を作りましょう.

お花見

矢上キャンパスのすぐ横にある公園でお花見をします。この頃になると、研究室中心の生活に慣れてきます。

5月

ソフトボール大会

理工学部、全研究室対抗のソフトボール大会です。ソフトボールの強い人、大募集(笑)

おいしいカレーの会

今井研究室伝統の、おいしいカレーの会です。悶絶するほどおいしいことまちがいなし!

6月

研究室内輪講

7月の終わりに行われる、情報工学科内の輪講発表に備えて論文選び、発表練習を行います。 英語の論文に親しむ、良い機会です。

7月

輪講発表本番

普段講義を受けている情報工学科の先生に対して発表を行います。 先輩とチームを組んで練習しているうちに、発表が苦手な人もしっかり話せるように。

8月

輪講を終えるといよいよ夏合宿です! 基本的に勉強はしないので遊びまくりましょう!

9月

卒論テーマ決定

夏休みがあける頃、いよいよ卒論の方向性を決めていきます。 今井先生だけでなく、先輩や同期と話し合ううち、方向性が定まってきます。

10月

矢上祭

年々ステージが華やかになっていく矢上祭ですが、創想館の地下では研究発表を行なっています。 外の人から意見をもらうことのできる貴重な機会です。

11月

フットサル大会

秋が深まり、研究も深まってくる頃に情報工学科対抗・フットサル大会が開かれます。 フットサルが得意な人も大募集!(笑)

12月

卒論中間発表

いよいよ卒論提出まで二ヶ月…となった頃、研究室内で中間発表会を行います。

1月

卒論発表

一年間の集大成、卒論発表です。 この時期は大忙しですが、不思議と連帯感も。